logo

パナソニック、ハイレゾ対応のステレオヘッドホンとインサイドホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは10月14日、ハイレゾ音源再生に対応したステレオヘッドホン「RP-HD5」(想定税別価格:1万2000円前後)を11月14日に、ステレオインサイドホン「RP-HDE10」(同:2万4000円前後)を2016年1月22日に発売すると発表した。

 RP-HD5は、40mmHDドライバ搭載で40kHzまでの広帯域・高解像度再生が可能な、オーバーヘッドホンタイプの密閉型ダイナミックステレオヘッドホン。制振構造ドライバーフレームを採用し、ドライバの不要な振動を抑え、濁りの少ない再生音を実現した。

 「HS(Horizontal Slide)」アジャスト機構により、ヘッドバンドを水平方向にスライドさせて、ハウジングとヘッドバンドを頭の形状に応じて調節することが可能。頭にフィットしてしっかりホールドするソフトヘッドパッドと、耳をすっぽり包み込むアラウンドイヤースタイルのソフトイヤーパッドを採用した。


 RP-HDE10は、ハイレゾ音源再生に対応した、カナルタイプの密閉型ダイナミックステレオインサイドホン。振動板に超多層フィルム(MLF)を採用。不要な残響を残さず、3Hz~50kHzの高い応答性と広帯域・高解像度再生を実現した。

 ハウジングとユニットキャップには、制振性に優れた削り出しアルミを使用。不要な共振を抑え、ひずみの少ない高解像度再生が可能だ。専用に設計されたイヤーピースは、音漏れを抑えながらフィット感を向上。コードのからみを抑えるコードアジャストホルダーと、コードのこすれ音を軽減するクリップのほか、キャリングケースが付属する。


デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集