logo

グーグル、Jibe Mobileを買収--「Android」のメッセージ機能を強化へ

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2015年10月01日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間9月30日、Jibe Mobileを買収したことを明らかにした。Jibe Mobileは、携帯通信事業者と共同でリッチコミュニケーションサービス(RCS)の導入に取り組んできた企業だ。

 RCSはこれまでのSMSメッセージングをさらに高度化したサービスで、今日のデータ通信が主流となったネットワークや携帯端末により適した新しい機能を追加するものだ。

 Jibe Mobileは2006年に設立され、RCSが「SMSの進化形と位置づけられる新しい標準」になることを予見し、2010年からRCSへの取り組みを開始した。RCSは、GSM Associationが支援するプログラムとして2012年に正式に立ち上げられ、当初は「joyn」と呼ばれていた。

 今回の買収により、Googleは「『Android』でよりいっそう優れたメッセージング体験を作り出す」計画だと述べている。同社はこれまでにも、「Google Voice」や「Google Hangouts」といった標準のメッセージアプリで、このような取り組みを繰り返し行ってきた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集