KDDI、イントラネット接続型モバイルアプリ/IoTデバイス開発基盤「mBaaS by Kii」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは9月29日、Kiiと業務提携し、9月30日より法人向けクラウド基盤「KDDIクラウドプラットフォームサービス」の機能として、国内初のイントラネット接続型モバイルアプリ/IoTデバイス開発基盤「mBaaS by Kii」を提供すると発表した。

 mBaaS by Kiiは、モバイルアプリやIoTデバイスのサーバ側の主要機能となる「ユーザ管理」「データ管理」「プッシュ通知」「位置情報」「アプリ分析」「モノ管理」などの機能をクラウドで利用できるサービス。SDK(ソフトウェア開発キット)として、「Android Client SDK」「iOS Client SDK」「JavaScript Client SDK」「Unity Client SDK」「Things SDK」などを提供する。


サービス提供イメージ

 また、インターネット回線との接続に加え、国内で初となるイントラネット回線(KDDI Wide Area Virtual Switch)との接続を標準提供し、セキュアな環境下でアプリの開発と利用が可能だという。

 月額基本料金は、1契約あたり20万円。ストレージは100Gバイト(超過10円/Gバイト)。APIリクエスト数とプッシュ通知数はそれぞれ月間1000万回(100万回超過ごとに1000円)。1契約につき3アプリまで利用でき、4アプリ以上利用する場合は追加契約となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加