logo

パイオニアとバイドゥ、中国におけるテレマティクス分野で協業

加納恵 (編集部)2015年09月29日 15時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアの100%子会社である中国現地法人 先鋒電子(中国)投資有限公司(パイオニア中国)は9月29日、中国のインターネット関連企業「百度(バイドゥ)」とテレマティクスサービス分野で協業したと発表した。

 バイドゥが提供するテレマティクスサービス「百度CarLife」に対応した車載機器の開発、製造受託企業の第1号に認定され、11月からカーメーカー向けに対応車載機器を出荷する。

 百度CarLifeは、スマートフォンと対応車載機器をUSBもしくはWi-Fiで接続することで、車載機器での表示や操作、音声認識などのコントロールができるというもの。カーナビのほか、交通情報、音楽、電話、天気や課金システムなどのサービスを用意している。


「百度Car Life」は、スマートフォンと対応車載機器を接続して使用する

 中国では、スマートフォンの普及により、インターネットにいつでも接続できる環境が整いつつあり、今後車載サービスにおいても車からネットワークへの接続を前提としたテレマティクスサービスの拡大が期待されているとのこと。バイドゥが提供する中国市場にマッチしたテレマティクスサービスを、パイオニアのカーOEM事業におけるハードウェア開発などの技術、ノウハウなどをいかし、高品質なサービスとして提供していくという。


各種サービス画面

-PR-企画特集