logo

[ブックレビュー]もう読みにくいとは言わせない--「ビジネス教養としてのデザイン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インプレス
詳細:単行本(ソフトカバー) / 192ページ / インプレス / 価格:1728円 / 著者:佐藤好彦 / 発売日:2015/08/12 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×12.8cm×1.2cm / 重量:0.3 kg
内容:WordやPowerPointを使った資料作成が仕事に欠かせないという人も多いだろう。しかしその中身を“読ませて”“理解してもらう”ために必要なものの1つはデザイン力だ。配置、フォント、サイズを変えるだけで見違える資料作成のポイントとは?
Amazon.co.jpアソシエイト

 WordやPowerPointなどを使って、誰でも簡単に人に見せるための文書を作れるようになったが、実際に人に伝わるような文書を作ることは、「簡単」ではない。その原因の1つが「デザイン」だ。ソフトウェアの操作ができることと、デザインができることは別だが、操作方法の勉強をする機会は得られても、デザインの勉強をする機会は、一般的なビジネスパーソンにはほとんどない。だからこそ今、このような本が必要とされている。

 たとえば「グラフ」「タイトル」「サブタイトル」「本文」といった要素を、スライド1枚あるいは、A4の紙1枚に配置するとき、何を考えて配置するだろうか。「なんとなく、見やすい感じで」では、自分が主観的に見やすいと思っているだけで、実際に見やすいかどうかは分からない。それを人に説明できるように、論理的に配置するのがデザインだ。「なぜここに配置するのがいいのか」「なぜこのフォントを使うといいのか」「なぜこのサイズがいいのか」などの理由と、基本的な法則を知って配置するだけで、同じ要素を使った文書でも印象がまったく変わる。

 本書はビジネス書の体裁なので、デザイン関連の本になじみがないビジネスパーソンにも読みやすい。また、説明に付随する図解が、そのままお手本にもなっているので、参考にして実践しやすくもある。

-PR-企画特集