logo

マイクロソフト、Windows版「Office 2016」を提供開始

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年09月23日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月22日、「Office」スイートの完全版であるWindows向け「Office 2016」の一般提供を開始した

 Microsoftは5月、「Windows 7」「Windows 8」「Windows 10」搭載PCおよびノートPC向け同スイートにおける最初のパブリックプレビューを公開していた。テスターらは同スイートのプライベートプレビュー版のテストに2014年から取り組んできていた。

 完全版のWindows向けOffice 2016スイートには、「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」「Outlook」「Project」「Visio」「Access」が含まれている。

 今回のリリースには大きな新機能が多数含まれているというわけではない。Microsoftは、Windows向けOfficeの新バージョンに向けて、チームによるコラボレーション機能に注力してきた。同スイートの新機能には、Word、PowerPoint、OneNote向けの共同編集機能、Wordのリアルタイムタイピング、Excelで新たに統合されたPower BIパブリッシング機能、Outlookのアップデートされた検索およびナビゲーション機能などがある。

 Office 2016アプリは22日より、40の言語で提供されている。Office 365ユーザーは同日より、新しいOffice 2016アプリをサブスクリプションの一環として手動インストールできる。Office 2016アプリの自動アップデートは、コンシューマーおよび小規模ビジネス向けサブスクリプション加入者に向けには2015年10月から、商用顧客向けには2016年に入ってから提供が開始される。Office 2016は22日、Office 365に加入していない人向けにもPC版およびMac版の提供が開始されている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集