「iOS 9」レビュー(前編)--「Siri」と検索で可能なことや「Notes」「Maps」の新機能を確認 - (page 3)

Nate Ralph (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年09月21日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 体験が大幅に向上している。「iCloud」がサポートされ、容易にフォルダを作成できるようになったことで、標準搭載アプリで簡単に情報を整理したいというAppleファンにとって、Notesが有力な選択肢になる可能性もある。確かに、もっと強力なツールの代わりにはならないだろうが、自分に合ったツールが他にないなら、有力な候補として残るはずだ。

figure_3
提供:Sarah Tew/CNET

その他の細かな改善点

 生活の質を高めてくれる小さな改善点もたくさんある。アプリスイッチャーの見た目が新しくなり、今開いているアプリがこれまでのように画面の大部分を占拠するのではなく、少し細めのページが表示され、スワイプで切り替えやすくなった。小さな変化だが、一度に表示されるアプリが増えたので、必要なアプリをすばやく選び、使わないアプリを簡単に閉じることができる。キーボードにもかなりうれしい変更があり、シフトキーを押すと、キーボードの文字が大文字に変わるようになった。シフトキーを解除すると、すべて小文字になる。これも些細な変更点だが、パスワードの入力がずっと楽になるだろう。

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」

 他の新機能の話も耳にしたが、そちらはどうなっているのかと不思議に思う人もいると思う。アプリアイコンを長押しして表示するコンテキストメニューや、「Hey, Siri!」と呼びかけるだけで、本体が電源に接続されているかどうかに関係なくSiriを起動できる機能などだ。

 こうした機能は、新モデルiPhone 6sかiPhone 6s Plusでしか利用できない。どちらの機能もAppleの新型端末のハードウェアと結びついており、おそらくソフトウェアアップデートには組み込めないだろう。

 後編に続く。

新しいiPhone 6sとiPhone 6s Plusでしか利用できない機能もある。
新しいiPhone 6sとiPhone 6s Plusでしか利用できない機能もある。
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]