logo

DMM、ヒト型ロボ「Palmi」のアプリ開発環境&ストアを10月公開

井指啓吾 (編集部)2015年09月17日 14時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DMM.comは、ロボットキャリア事業で取り扱うコミュニケーションロボット「Palmi(パルミー)」のデペロッパー向けのアプリ開発環境と、作成したアプリをユーザーに販売できるストアを10月下旬に公開する。これに先駆け、デペロッパー登録の受け付けを9月17日に開始した。対応アプリを増やすことでユーザーの満足度を高め、製品の普及を推し進めたい考えだ。

  • 開発者受け付けページ

 開発環境は、Palmiの開発元である富士ソフトが提供。デペロッパーはMicrosoftの「Visual Studio」を用いてアプリを開発できる。DMM.comでは今後、デペロッパー向けにプログラミング研修を実施するほか、Palmiの短期レンタルや開発場所の提供、導入コンサルティングサービス、アプリ開発コンテストなどを順次展開する。

 またDMM.comは、日本マイクロソフトと、同社が「Microsoft Azure」で提供するAzure Machine Lerning(機械学習)を活用した“クラウド型のロボット開発”で協業することを計画。日本マイクロソフト代表取締役会長の樋口泰行氏は「よりインテリジェントなクラウド型ロボットやビッグデータ活用が進むこと」に期待を寄せる。

  • DMM.com代表取締役の松栄立也氏

 DMM.com代表取締役の松栄立也氏は9月17日の説明会で、「誰かを楽しませるようなアプリをどんどん開発してくれたらうれしい。もしかしたら、ビートたけしさんを起用したテレビCMに皆さんが作ったアプリが出るかもしれない」と会場に集まった開発者たちを鼓舞した。

 Palmiの全高は約40cm、重量は約1.8kg、可動部は22軸で、販売価格は税別29万8000円。富士ソフトの高齢者福祉施設向けロボット「PALRO(パルロ)」をベースとし、「人の役に立つこと」を最大のミッションとして開発されている。

-PR-企画特集