「Apple Pencil」は未来の鉛筆--書き心地を松村太郎が体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコで9月9日に開催されたApple Special Eventのハンズオン体験レポート第5回。今回はiPad Proとともに紹介された、99ドルの新デバイス「Apple Pencil」の書き心地に迫る。

ウェブを見ながら文書作成も--マルチタスキングに対応した12.9インチの「iPad Pro」
Apple Pencilを握ってみた。削り立ての普通の鉛筆と同じような長さ、軽さ、そして先端の尖り具合を実現しており、ペン先は細い印象。軽さから、バッテリサイズもさほど大きくないと考えられ、Bluetooth 4.0の省電力性を生かしているようだ
Apple Pencilを握ってみた。削り立ての普通の鉛筆と同じような長さ、軽さ、そして先端の尖り具合を実現しており、ペン先は細い印象。軽さから、バッテリサイズもさほど大きくないと考えられ、Bluetooth 4.0の省電力性を生かしているようだ

「Apple Pencil」は未来の鉛筆

 Apple Pencilを握ったときの第一印象は、まるでデジタル機器ではないかのような軽さと細さだった。個人的にさまざまなスタイラスを利用してた結果、最近はBluetooth接続の「Pencil by Fiftythree」に落ち着いている。金属ボディのモデルを選んだこともあり、しっかりと安定した線が描ける点で、この重さもポジティブにとらえている。

ペンの逆の先端にはキャップがあり、外すとLightningコネクタが現れる。もしバッテリがなくなっても、15秒の充電で30分作業ができる急速充電機能が備わっている
ペンの逆の先端にはキャップがあり、外すとLightningコネクタが現れる。もしバッテリがなくなっても、15秒の充電で30分作業ができる急速充電機能が備わっている

 しかしApple Pencilは、普通の鉛筆と同じような軽さと細さで、本当にデジタルスタイラスなのか、と疑いたくなるほどだった。しかしいざ、iPad Proの画面で描き初めて見ると、これまで使って来たBluetoothスタイラスと比べても、反応速度と正確さを実現しており、改めて、デジタルスタイラスではないんじゃないか、と疑い直してしまうほどだ。

ペン先の角度、筆圧の強弱を検知し、非常にスムーズで遅れなくペン入力ができる
ペン先の角度、筆圧の強弱を検知し、非常にスムーズで遅れなくペン入力ができる

iOS 9のメモアプリだからこそ、Apple Pencilの書き味がよく分かった

 Apple Pencilには筆圧検知の他に、ペン先の角度を検知する機能や、デジタル定規でまっすぐに線を引く機能に対応するなど、シンプルながら多彩な機能を持つ。スケッチアプリなどでもその真価を発揮することになるはずだが、今回のデモで多くの時間をさいたのはiOS 9に標準搭載されるメモアプリだった。

 メモアプリの新バージョンには手書き機能が搭載され、Apple Pencilはこのメモアプリでもフル機能を発揮してくれる。細い色鉛筆のペン先を選んで、普通に文字を書いてみると、遅れナシにシャープな線が画面に現れた。ペン先を寝かして色を塗ってみると、やや幅のあるかすれた鉛筆のべた塗りを再現でき、いずれの場合でも筆圧の強弱まで表現してくれた。

 ペン先の細さは、文字にもスケッチにも適するだろう。また、反応速度の速さは、紙と鉛筆の感覚に限りなく近い手書き入力を実現してくれる。現在iPad Pro向けに限られているが、できれば、すべてのiPhone/iPadシリーズで使えるようになって欲しい。それぐらい良い、忘れがたい書き味であったことをお伝えしておきたい。

上から、通常の角度、寝かした角度、そして立てて強弱をつけて描いた線のサンプル。書いていて非常に心地よいものだった
上から、通常の角度、寝かした角度、そして立てて強弱をつけて描いた線のサンプル。書いていて非常に心地よいものだった
iOS 9標準のメモアプリに手書き機能が搭載され、Apple Pencilの機能をすべて利用できる。複数のペン先を選択できるほか、デジタルで現れる定規を使い、まっすぐな線を引くこともできる
iOS 9標準のメモアプリに手書き機能が搭載され、Apple Pencilの機能をすべて利用できる。複数のペン先を選択できるほか、デジタルで現れる定規を使い、まっすぐな線を引くこともできる
iPhone 6s/6s Plusに登場した新色、ローズゴールドをチェック--松村太郎が体験 iPhone 6sで進化したカメラ機能、再生中に拡大できる4Kビデオ--松村太郎が体験
iPhone 6s/6s Plusに搭載された「3D Touch」の使い心地は?--松村太郎が体験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加