logo

「Windows 10」、インストーラが自動ダウンロードされることが判明

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年09月14日 08時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Windows 10」のインストーラファイルを、要求していないユーザーの端末にもダウンロードしている。アップグレードしたくなった場合にすぐさまアップグレードできるようにとのことだ。

 The Inquirerの目ざとい読者が、自分のPC上に数ギガバイトものサイズのWindows 10アップグレードファイルを含むフォルダを見つけた。

 Microsoftは、「Windows Update」を通してWindows 10インストーラファイルを配布していることを直ちに認め、The Inquirerに以下のコメントを提供した。

 「Windows Updateを通して自動アップデートを受信するように設定している個人ユーザーが、対象端末を直ちにWindows 10にアップグレードできるように、アップグレード時に必要となるファイルをダウンロードしている」

 「アップグレードの準備が整った時点で、ユーザーは端末へのWindows 10のインストールを促される」

 アップグレードを予定しているユーザーにとっては便利な機能だが、インストールされている既存の「Windows」で満足しているユーザーにとっては、この積極的(でやや強引)な動きには不都合になりそうな要素がいくつか潜んでいる。

  • ダウンロード時に帯域幅を消費する(ユーザーがその接続をダウンロード用として認識していない場合は、上限付きまたは従量制の接続を利用してダウンロードされる可能性もある)
  • インストーラファイルをダウンロードするかどうかに対し、ユーザーに選択の余地はない
  • ダウンロード後に数ギガバイトのディスク容量を占有する
  • 再起動の度にアップグレードを促される

 Microsoftは、Windows 10のアップグレードを管理および無効にする方法を文書化しているが、多くの一般ユーザーはこれを参照しないのではないだろうか。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集