logo

グーグル、国内でも音楽配信サービス「Google Play Music」--3500万曲、月額980円で

坂本純子 (編集部)2015年09月03日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは9月3日、「Google Play Music」を日本で公開した。AndroidまたはiOS搭載のスマートフォンやタブレット、PCのブラウザから利用できる。対応レーベルは、エイベックスやソニー・ミュージックなど国内外をあわせ200社以上が参加する。

Google Play Musicで提供する3つのサービス

 Google Play Musicは、(1)国内外のレーベルが提供する3500万曲のラインアップに無制限にアクセスできる月額980円(税込)のサブスクリプションサービス、(2)曲やアルバムごとに音楽を購入できるストア、(3)CDやiTunesなどですでに持っている曲を5万曲までクラウドに保存できるロッカー型のサービス──の3つの機能で構成される。アプリはAndroid版iOS版が用意されている。

「Google Play Music」の3つのサービス
「Google Play Music」の3つのサービス

 サブスクリプションサービスは、Google Playのエキスパートが厳選したそのときの気分やシチュエーションに合ったプレイリストをアプリを開く度に表示。これまで知らなかった新たな音楽に出会える機能を充実させたという。

 事前にダウンロードしておけば、インターネットに接続していないときでも聞けるオフライン再生にも対応する。ストリーミング品質は最大320kbps。お気に入りのラジオや自分で作成したプレイリストは、ソーシャルメディアを通じて友人や家族と共有可能だ。

対応レーベル
対応レーベル

10月18日までの登録で、ずっと月額780円に

レーベル一覧。ほか海外レーベルもあわせて200社以上が参加
レーベル一覧。ほか海外レーベルもあわせて200社以上が参加

 さらにGoogleのアルゴリズムによるリコメンデーションで、聴き込むほどに利用者の好みを学習し、おすすめの音楽プレイリストを自動的に形成する。なお、月額980円だが10月18日までに登録した場合はずっと月額780円(税込)で提供するとしている。また、登録から30日間は無料で利用できる。

 ストアでの販売は、1曲150円(税込)から。サブスクリプションサービスの利用者でなくても、一曲ずつまたはアルバムごとに購入できる。

 ロッカー型サービスは、最大5万曲までクラウドに保存できるため、スマートフォンの容量を気にすることなく音楽を楽しめるのが特長だ。料金は無料。サブスクリプションサービスと同様に、端末に保存しておけばオフラインでも再生可能だ。対応するファイルサイズは、MP3、AAC、WMA、FLAC、OGG、DRM保護されたAAC、ALAC。ファイルの最大サイズは300Mバイト。

アップル、国内でも「Apple MUSIC」をスタート--月額980円から
定額制音楽アプリ「LINE MUSIC」がついに公開--150万曲以上、月額500円から - CNET Japan
定額制音楽配信サービス「AWA」が5月27日から提供開始--月額360円から
「AWA」や「LINE MUSIC」で過熱する定額制音楽配信サービスまとめ

-PR-企画特集