logo

「iPhone 6s」を予想する--次期アップル端末のうわさまとめ

Justin Jaffe (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年09月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今の時点で、これだけは確かだ。Appleは米国時間2015年9月9日にイベントを開催する。そして、同イベントでは次期「iPhone」が発表されると思われる。

 同社はこれまで、偶数年にiPhoneの設計を大きく変更し、奇数年は内部スペックをアップデートしてきた。今回もこのアップグレードサイクルが守られるとすれば、その内容は、2014年版iPhoneに施された大画面ファブレット化ほど大々的にならないと見ていいだろう。とはいえ、いくつかサプライズも用意されているはずだ。

 米CNETは何カ月も前から、次世代機に関するインターネット上の有力な説や、根拠のある推測をいろいろとまとめてきた。本記事では、Appleの次期主力製品についてのうわさ、伝聞、予想をまとめて紹介する。

発表と発売の日程

 Buzzfeedは、Apple公式の招待状が送付される前に、次期iPhoneが9日に(「iPad」や「Apple TV」の新モデルとともに)発表されると言い当てていた。このタイミングは例年の発表時期と一致しており、「iPhone 6」も2014年の同じ日に発表されている。「iPhone 6s」の発売日は9月18日になる可能性があると一部で報じられた。

 次期iPhoneを実際に垣間見ることができるのは9月9日だが、少なくともソフトウェアに関しては、6月8日に開催されたWorldwide Developers Conferenceで、ある程度の情報が判明している。

 一方、最大のライバルである韓国サムスンはすでに先手をとっており、「iPhone 6 Plus」の競合モデル「Galaxy Note 5」と「Galaxy S6 edge+」を発表、リリースした。この2機種はいずれも5.7インチスクリーンを搭載する。

Appleの招待状には、「Hey Siri, give us a hint」(ねえSiri、ヒントを教えてよ)というもったいぶったフレーズが書かれている。
Appleの招待状には、「Hey Siri, give us a hint」(ねえSiri、ヒントを教えてよ)というもったいぶったフレーズが書かれている。
提供:Apple

デザイン

 2014年にリリースされたiPhone 6は、本体とディスプレイのサイズが前世代よりわずかに大きくなった。iPhone 6 Plusは超大型の5.5インチディスプレイを採用し、Appleが初めて「ファブレット」カテゴリに進出した製品となった。2015年6月になると、新しいiPhoneは前モデルよりわずかに厚くなり、バッテリ持続時間が延びて、ことによると「Force Touch」を搭載するのではないか、との報道が現れ始めた。

 KGI Securitiesによると、次期iPhoneには「Apple Watch Sport」と同じ7000シリーズのアルミニウムが使われ、頑丈なアルミニウムのデザインに対応するためにiPhone 6より縦にも横にも大きくなる可能性があるという。Unbox Therapyが投稿した動画でも、次期iPhoneの筐体は前モデルよりかなり頑丈に(そして曲がりにくく)なると示唆されている。7月4日には、Engadget日本版が新しいデザインの図面を掲載し、現行のiPhone 6より数字上大きくなると報じた。

 iPhone 6とiPhone 6 Plusで大幅にデザインが変更されたため、次世代機では外観が大きく変わることはなく、内部の機能強化に重点が置かれるというのが、大方の見方だ。その一方で、ラインアップが増えて3つの新モデルが登場するとのうわさもある。iPhone 6sとiPhone 6s Plusに加えて、一部で「iPhone 6c」「iPhone mini」と呼ばれている「先祖返り」した4インチモデルが加わるという。これまでにもAppleの動向を正確に予測してきたEvan Blass氏もこの説を支持し、8月10日のツイートで「iPhone 6s、6s Plus、6cが同時に発表されるだろう」と述べている。

-PR-企画特集