logo

NVIDIA、仮想化グラフィックス技術の新バージョン「Grid 2.0」を発表

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年08月31日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VMwareの年次カンファレンス「VMworld」開幕2日目となる米国時間8月31日、NVIDIAは法人顧客に訴求する仮想化グラフィックス技術の新バージョンを発表した。

 「極めて高いグラフィックス処理能力が必要なアプリケーションをあらゆる端末に仮想的に」提供するとうたう「Grid 2.0」は、「Gird」GPUをデータセンターにもたらし、企業のワークフローにおける高度なグラフィックスをサポートする。

 例えば、Esriのマッピングプラットフォーム「ArcGIS」、アーキテクトとエンジニア向けのAutodeskの主力ソフトウェアである「AutoCad」、製品設計、エンジニアリング、および製造向けのSiemensの「NX」ソフトウェアといったアプリケーションに利用できる。

 Grid 2.0はパフォーマンスとユーザー密度が前バージョンの2倍になり、サーバ1台で128ユーザーまでサポートできるという。

 対応範囲も広くなっており、より多くのアプリケーションとOSをサポートできるようになった。

 ベースレベルで、Grid 2.0は「Windows」ベースのアプリに加えて、Linuxもサポートするようになった。さらに、ラックサーバだけでなく、ブレードサーバ上の仮想デスクトップもサポート対象になった。

 NVIDIAは既に大手プロバイダー数社の支持を得ており、Grid 2.0をサーバ125機種で既に実装しているベンダーの一部として、Cisco、Dell、Hewlett-Packard(HP)、Lenovoを挙げた。

 Grid 2.0は9月15日より全世界で提供される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集