logo

KDDI、「GALAXY Note Edge」のOSアップデートを公開--Android 5.0へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは8月27日、同社の販売するサムスン製Androidスマートフォン「GALAXY Note Edge(SCL24)」のOSアップデートを同日より公開した。これによりOSが、Android 4.4からAndroid 5.0にバージョンアップできる。

 Android 5.0へのバージョンアップにより、画面デザインや背景のテーマ色が変更になり統一感が向上。ロックスクリーンの通知は、アイコンで表示するものから、ポップアップ方式に変更され、視認性も向上するとしている。


画面デザインや背景のテーマ色が変更される。

 さらに、カメラの操作アイコンの位置が、エッジスクリーン部分からほかのGALAXYスマートフォンと同様のメインスクリーン下部に変更となるほか、さまざまな仕様変更が行われている。


シャッターボタンの位置が、ほかのGALAXYスマートフォンと同様の位置に変更された

 更新に要する時間は、端末単体でWi-Fi及びモバイルネットワークを利用して更新ファイル(約1.2Gバイト)をダウンロードして行う方法が約30分。PCからSamsung Kiesを介して更新ファイル(約2Gバイト)をダウンロードして更新する方法が約13分となっている。いずれの方法も利用環境により更新時間が増減する。

 バージョンアップ後は、ソフトウェアバージョン情報が「SCL24KDU1BOH3」となる。

 詳しくは、au公式サイトで紹介されている。

-PR-企画特集