logo

映像配信サービス「Netflix」は月額650円から--ソフトバンクと業務提携

坂本純子 (編集部)2015年08月24日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは8月24日、9月2日から開始予定の映像配信サービス「Netflix」の日本でのサービス取り扱いについてNetflixと業務提携したと発表した。

 ソフトバンク取扱店では、モバイルデバイスによるNetflixのデモを体験できるようにする。また、Netflixの加入申し込みを、SoftBankの携帯電話または光ブロードバンドサービス「SoftBank 光」を利用するユーザーを対象に、ソフトバンクショップや家電量販店などの店頭、ユーザー向け専用サイト、ソフトバンクのコールセンターで9月2日より受け付ける。決済情報を入力する手間なく加入でき、利用料金を通信料金とまとめて支払いできるのが特徴だ。

 また、国内における料金も明らかにされた。料金プランは「べーシックプラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」の3つ。ベーシックプランは月額650円(税抜)で、標準画質(SD)、同時視聴は1ストリーミング。スタンダードプランは月額950円で、高画質(HD)、2ストリーミング。プレミアムプランは月額1450円(税抜き)で、超高画質(UHD 4K)、4ストリーミングが可能だ。

3つの料金プラン
3つの料金プラン

 店頭では、同時に2つのデバイスで高画質(HD)の動画が楽しめるスタンダードプランの申し込みを受け付ける。日本においてNetflixの申し込み受付から請求までまとめて提供できるのはソフトバンクだけという。

 ソフトバンク 代表取締役社長の宮内謙氏は、料金プランについて「最も契約が多いのはスタンダードプランだと思う。4Kが中心になってくると、プレミアムプランは4人同時に見られるので、ある意味のファミリープランになるだろう。ただ、4Kの進捗が日本ではそこまで伸びていないので、今はスタンダードが中心ではないか」とコメントした。

 なお、Android向けには、10月以降に発売されるマートフォンにNetflixのアプリケーションをプリインストールする方針という。

ソフトバンク 代表取締役社長の宮内謙氏とNetflix 代表取締役社長のグレッグ・ピーターズ氏
ソフトバンク 代表取締役社長の宮内謙氏とNetflix 代表取締役社長のグレッグ・ピーターズ氏

 Netflixは2月に日本法人を設立。8月4日にようやく9月2日から日本でサービスを開始すると発表したものの、コンテンツの詳細や視聴料は明らかにされていなかった。

Netflix、9月にサービス開始へ--日本上陸発表からこれまでの動き

-PR-企画特集