logo

「楽天市場」トップページが4年ぶり刷新--創業期からを振り返る

井指啓吾 (編集部)2015年08月22日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1997年、創業当初のトップページ。同2月にエム・ディー・エム(現楽天)設立。楽天市場は従業員6人、13店舗で同5月に始まった。
Scroll Right Scroll Left

 1997年、創業当初のトップページ。同2月にエム・ディー・エム(現楽天)設立。楽天市場は従業員6人、13店舗で同5月に始まった。

 楽天は8月20日、「楽天市場」PC版トップページのデザインを約4年ぶりに刷新した。企画バナーや商品画像、店舗ロゴを目立たせたほか、ジャンル一覧などのリンク設定をテキストリンクからブロックレベルでのリンクに変更。操作性と視認性を高めるためのシンプルなデザインを目指したという。


「楽天市場」PC版新トップページ

 「楽天(市場)のトップページは、楽天だけではなくて、楽天グループの『顔』である」と同社執行役員の河野奈保氏。そのため、トップページの最上部などには楽天グループの各サービスに誘導するコーナーを設けた。国内だけでなく海外サイトへの誘導枠もある。

 河野氏によれば、トップページではA/Bテストを日常的に積み重ねている。その結果として、CTR(クリック率)が向上し、ヘビーユーザーだけでなくライトユーザーからの利用率が上がっているという。さらに今回のリニューアルに際して、7月から一部ユーザーに対して新デザインを表示し、その感想をデザインに反映してきたという。

 楽天市場は1997年5月、13店舗からスタートした。創業期からのデザインを振り返る。

-PR-企画特集