logo

アップルは黒ヒョウ、グーグルはタコ--大手IT企業を生き物にたとえるなら - 4/13

ZDNet Editors 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年08月17日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Oracle=巨大ニシキヘビ

囲い込みで顧客を飲み込み、ソフトウェア監査で押しつぶす

 OracleとLarry Ellison氏について考えるとき、両者の性質を表現できる言葉は「は虫類」以外にないだろう。巨大ニシキヘビほど人に恐れられ、畏怖の念を抱かせるは虫類は、地球上にほとんどいない。

 だが、ミッションクリティカルワークロード用に、実績ある最高峰の大容量エンタープライズデータベース管理システム(DBMS)が必要なら、よい選択肢は限られてくる。

 IBMは「DB2」、SAPは「HANA」、Microsoftは「SQL Server」を提供している。それぞれに利点があるが、いざとなれば、高額のライセンス料と強引な売り込みをよそに、多くの大規模組織がOracleに戻ってくる。自社環境でOracle製品を長く使うほど、OracleはIT環境に強力にまとわりついてきて、離れなくなる。
Scroll Right Scroll Left

Oracle=巨大ニシキヘビ

囲い込みで顧客を飲み込み、ソフトウェア監査で押しつぶす

 OracleとLarry Ellison氏について考えるとき、両者の性質を表現できる言葉は「は虫類」以外にないだろう。巨大ニシキヘビほど人に恐れられ、畏怖の念を抱かせるは虫類は、地球上にほとんどいない。

 だが、ミッションクリティカルワークロード用に、実績ある最高峰の大容量エンタープライズデータベース管理システム(DBMS)が必要なら、よい選択肢は限られてくる。

 IBMは「DB2」、SAPは「HANA」、Microsoftは「SQL Server」を提供している。それぞれに利点があるが、いざとなれば、高額のライセンス料と強引な売り込みをよそに、多くの大規模組織がOracleに戻ってくる。自社環境でOracle製品を長く使うほど、OracleはIT環境に強力にまとわりついてきて、離れなくなる。

提供:istock.com

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]