logo

アップルは黒ヒョウ、グーグルはタコ--大手IT企業を生き物にたとえるなら - 5/13

ZDNet Editors 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年08月17日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IBM=ガラパゴスゾウガメ

大きくて動きも遅いが長生き

 IBMは評価すべき企業だ。同社は105年近く存続している。ガラパゴス諸島のように、同社はあらゆることを目にしてきた。IBMの治世で、多くのIT企業が栄枯盛衰を繰り返している。

 確かに、IBMにも浮き沈みはある。同社の変化と適応のペースは競合と比べて控えめだ。鈍いと言ってもいい。

 ソフトウェアとサービスの大口契約に代わってクラウドコンピューティングが標準になるなか、同社は次の10年にさらなる規模の適正化を迫られるだろう。PC事業とサーバ事業をLenovoに売却したIBMは、ビッグアイアンサーバの「System p」UNIXボックスと「System z」メインフレームを除けば、事実上ハードウェア事業から撤退している。

 しかし、今をときめくシリコンバレー企業の多くが絶滅した後も、IBMはガラパゴスゾウガメのように生き残っている可能性が高い。
Scroll Right Scroll Left

IBM=ガラパゴスゾウガメ

大きくて動きも遅いが長生き

 IBMは評価すべき企業だ。同社は105年近く存続している。ガラパゴス諸島のように、同社はあらゆることを目にしてきた。IBMの治世で、多くのIT企業が栄枯盛衰を繰り返している。

 確かに、IBMにも浮き沈みはある。同社の変化と適応のペースは競合と比べて控えめだ。鈍いと言ってもいい。

 ソフトウェアとサービスの大口契約に代わってクラウドコンピューティングが標準になるなか、同社は次の10年にさらなる規模の適正化を迫られるだろう。PC事業とサーバ事業をLenovoに売却したIBMは、ビッグアイアンサーバの「System p」UNIXボックスと「System z」メインフレームを除けば、事実上ハードウェア事業から撤退している。

 しかし、今をときめくシリコンバレー企業の多くが絶滅した後も、IBMはガラパゴスゾウガメのように生き残っている可能性が高い。

提供:istock.com

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]