logo

MVNOに通話定額プラン、月1980円から--「もしもシークス」が9月開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MVNOサービス「もしもシークス」を手がけるエックスモバイルは8月10日、月額税別1980円からの通話定額プランを発表した。8月17日に受け付けを開始し、9月4日から出荷する予定。同社によると、MVNOサービスでの通話定額プランの提供は国内で初めてだという。

  • 「もしもシークス」サービスサイト

 個人のスマートフォン向けプラン「かけたい放題」と、法人向けプラン「かけたい放題 for Business」の2つで、それぞれ追加プランが2つずつラインアップされる。

 かけたい放題は、月額税別1980円の基本コースをベースとしたプラン。料金にはインターネット接続料、パケット定額料、テザリング料が含まれる。通話は1回あたり3分以内の国内通話に限り、毎月30回まで無料。国内データ通信は、NTTドコモのLTE通信を利用し、1Gバイトまで利用できる。

 追加プランは、追加税別1000円で、1回あたりの無料通話時間が「5分以内」に伸び、データ通信が7Gバイトに増量される「あんしんコース」と、追加税別2000円で、1回あたりの無料通話時間が「10分以内」に伸びて毎月100回まで利用でき、データ通信が7Gバイトに増量される「まんぞくコース」がある。

 一方、かけたい放題 for Businessは、ベースとなる基本コースの内容はかけたい放題と同等だが、追加2プランに違いがある。追加税別1000円のあんしんコースは、1回あたりの無料通話時間が「5分以内」に伸びて毎月100回まで利用できるようになるが、データ通信は1Gバイトのまま。追加税別2000円のまんぞくコースは、1回あたりの無料通話時間が「10分以内」に伸びて毎月200回まで利用できるようになり、データ通信は7Gバイトに強化される。

 ともに無料通話を超過した場合は、1分39.8円の通話料がかかる。また、データ通信量を超過した場合は、200Kbpsの通信速度で使い続けられる。なお、端末とSIMをセットで申し込む場合は、専用のプレフィックス回線に接続するためのアプリケーションが端末にプリインストールされ、SIMカードのみを契約する場合は、SIMカードのほか、各アプリマーケットからのダウンロード方法の案内が同封される。

 同社では8月17日、同サービスの受け付け開始と同時に「BlackBerryCLASSIC(ブラックベリークラッシック)」の販売も開始する。価格は税別4万9800円。

-PR-企画特集