logo

パナソニック、「お部屋ジャンプリンク」対応の新「VIERA」--Wi-Fiとダブルチューナ搭載機も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは7月29日、HD液晶テレビとして、C305シリーズと、無線LANおよびダブルチューナー搭載のC325シリーズ2機種を発表した。TH-50C305のみ10月23日の発売で、それ以外は8月21日の発売となる。

 全機種で、省エネ性に優れたLEDバックライトを採用。LAN接続により、別室の録画番組の視聴が可能な「お部屋ジャンプリンク機能」に対応し、別売のUSB HDDへの番組録画にも対応している。「放送転送機能」のあるBDレコーダー「DIGA」や「VIERA」からの「追っかけ再生」を受信して、アンテナのない部屋でもほぼリアルタイムで番組視聴が可能だ。

 IPS液晶パネル搭載モデルは、C305シリーズが42V型、32V型、C325シリーズが32V型。視野角が広く、上下左右からも自然な色を楽しめる。

 C325シリーズは、無線LANユニットを内蔵し、お部屋ジャンプリンクもワイヤレスで利用が可能だ。地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載し、テレビを視聴しながら別売のUSB HDDへの裏番組録画にも対応する。

 C305シリーズ

  • TH-50C305(50V型、13万円前後)
  • TH-42C305(42V型、9万5000円前後)
  • TH-32C305(32V型、5万8000円前後)
  • TH-24C305(24V型、4万5000円前後)
  • TH-19C305(19V型、3万7000円前後)

 C325シリーズ

  • TH-32C325(32V型、6万8000円前後)
  • TH-24C325(24V型、5万5000円前後)

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集