logo

MS、「Android」向けのランチャーアプリ「Arrow」を準備か

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年07月28日 13時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Android」搭載端末向けに新しいアプリを開発しているようだ。最近同社が展開しているクロスプラットフォーム指向の数々の取り組みとは違って、このアプリは「iOS」ではサポートされることはなさそうだ。Microsoft Newsが先週末にかけて、カスタマイズ可能なAndroid向けのランチャーアプリ「Arrow」について報じた。

 Arrowは「Google+」より招待制で入手できるようになっている。「OneDrive」からは、招待なしで「.apk」、すなわちイントールファイルを直接ダウンロードできる。(このファイルのアップロード元や内容について、筆者は確認できていない)。

 Arrowをインストールし、Androidランチャーとして設定すると、スマートフォンのホーム画面が3ページの構成になる。

 メインの「Apps」画面には直近に使用したアプリ4本のほか、頻繁に使用したアプリがいくつか表示される。左方向にスワイプすると、「People」画面に切り替わり、頻繁に使用する連絡先のアイコンが表示される。右方向にスワイプすると、「Notes & Reminders」専用画面に切り替わる。

 3つの画面はいずれも、画面下部のドックにブラウザ、電話、メッセージ、カメラといった専用アプリ4個が表示される。Arrowでは、オプションで「Bing」の画像から毎日、新しい壁紙をダウンロードするよう設定することもできる。


 「Windows Phone」を思い起こさせるような画面で、インストール済みアプリをすべて表示することができる。Arrowは現在、プライベートベータとなっている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集