JR西日本、山陽新幹線に「エヴァンゲリオン」デザイン車両--今秋から運行

佐藤和也 (編集部)2015年07月25日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は、今秋から「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」を始動すると発表した。山陽新幹線で「500 TYPE EVA」車両が運転される。

  • 「500 TYPE EVA」車両イメージ

 このプロジェクトは山陽新幹線の全線開業から40周年ならびにテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の20周年を記念したもの。今秋から2017年3月まで行なわれる予定で、期間中に山陽新幹線で、「エヴァンゲリオン」の監督である庵野秀明氏の監修と、メカニックデザイナーである山下いくと氏の車両デザインによる500 TYPE EVAの運行を行なう。車内では、乗車中にエヴァンゲリオンの世界観をテーマにしたコンテンツが楽しめるという。

 スペシャルサイトでは500 TYPE EVAの概要や庵野秀明氏と山下いくと氏のコメント、J-WESTネット会員向けにオリジナルムービーや壁紙の配信など、限定コンテンツを展開。ほかにも記念旅行商品や記念グッズの販売といった、さまざまな催しを予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加