ホンダ、リハビリに使える歩行訓練機器「Honda歩行アシスト」をリース販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本田技研工業は7月21日、歩行のリハビリテーションを支援する歩行訓練機器「Honda歩行アシスト」を全国の病院やリハビリテーション施設などにリース販売すると発表した。リース販売の開始は11月を予定している。

 Honda歩行アシストは、二足歩行理論である倒立振子モデルに基づく効率的な歩行を誘導する機能を持ち、医師や療法士の指導の下で歩行訓練に利用される機器。

  • アシストの仕組み

  • 構造について

 同社によると、ヒューマノイドロボット「ASIMO」で培った歩行理論を基に1999年より歩行アシストの研究を続け、2013年からは台数限定で全国約50の病院や施設の協力による先行使用によって機能の最適化を進めてきたという。

 国内の初年度のリース販売計画台数は450台。リース価格は、1台につき月額4万5000円で、3年間のリース契約となる。これには年1回の定期保守点検と2人分の実機講習会費用が含まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加