logo

ドコモとGE、IoT分野で提携--インフラ設備の温度や振動を監視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモとGEエナジー・ジャパン(GE)は7月8日、新たなIoTソリューションの提供について、業務提携に向けた覚書を締結したと発表した。同ソリューションは、ドコモの通信モジュールとGEの産業用機器向けワイヤレスルーター「MDS-Orbit Platform(エムディエス・オービット・プラットフォーム)」を連携させるもの。

 この提携により、インフラ設備を有する民間企業や自治体などのユーザーは、遠隔地の道路や橋梁、プラントや電気・ガス・水道などの設備に、ドコモの通信モジュールを内蔵したGEの「Orbit」を設置することで、インフラ設備の温度や振動などの稼働データをリアルタイムに監視できるようになるという。


 Orbitは、産業用機器のデータ通信を行うための高度なセキュリティ技術とClass I Division2認証を受けた堅牢な筐体を採用したワイヤレスルータで、優れた耐環境性を持ち、設置場所や地形などの環境に影響されることなく、セキュアな通信が可能だという。

 また、Orbitで取得したデータは、日本システムウエアのIoTクラウドプラットフォーム「Toami」上で提供するアプリなどと連携させることで、インフラ設備の稼働データをスマートフォンやタブレットなどを通じて管理し、故障防止に向けた予兆診断や老朽施設の保全に役立てられるという。

-PR-企画特集