logo

マイクロソフト、新ブラウザ「Edge」で「Silverlight」をサポートせず

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年07月06日 08時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、HTML5の動画再生に対応する代わりに「Silverlight」を切り捨てざるを得なくなった。まもなくリリース予定の「Windows 10」用ウェブブラウザ「Edge」で、Silverlightはサポートされない。

 Microsoftはブログ記事で、同社はSilverlightのサポートを継続する予定で、このフレームワークは「Internet Explorer(IE) 11」とブラウザの外部のアプリケーションでこれまで通り使用できると述べた。しかし、メディアのストリーミングにSilverlightを使用しているユーザーは、HTML5に移行する必要があるとした。

 同社は「(HTML5ベースの)ストリーミングは今後、ブラウザ、プラットフォーム、コンテンツ、端末にわたる最も広い相互運用性を備えたソリューションとなる」として、次のように述べている。

 「『ActiveX』のサポートはMicrosoft Edgeで終了されており、それにはSilverlightのサポートの廃止も含まれる。その理由としては(中略)、HTML5の拡張仕様をベースとする実行可能でセキュアなメディアソリューションの登場などが挙げられる」

 Microsoftは5月、ActiveX、VBScript、条件付きコメント、VML、ブラウザヘルパーオブジェクト、ドキュメントモード、「IE 8」のQuirksモードがEdgeで廃止されると発表した。Silverlightも廃止技術に含まれるのではないかと予測されていた。

 「コンテンツプロバイダーと消費者の両方に、この移行によるメリットがある」とMicrosoftは述べ、「これらの技術を採用するにあたり、短期的には課題が生じるかもしれないが、企業によるその変更を支援するために、このブログで説明した機能とオプションが提供されている」とした。

 以前は「Spartan」と呼ばれていた同ブラウザでは、拡張機能の使用は可能になる予定で、これまでに「Skype」「Reddit」「Pinterest」などの拡張機能が明らかにされている。

 Edgeは、PC、タブレット、スマートフォン向けWindows 10のデフォルトブラウザになり、「IE 11」は、タブレットとPCに対して旧式のウェブサイト用に提供される予定だ。

 同社は5月、Mozillaの「asm.js」最適化を「Chakra」JavaScriptエンジンに統合することで、EdgeのJavaScriptの速度が300%以上向上したことを明らかにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集