logo

Xiaomiのスマホ販売が好調--2015年上半期は3470万台

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年07月03日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)は米国時間7月1日、2015年上半期のスマートフォン販売台数が前年同期比33%増の3470万台だったと発表した。

 中国市場は低迷しているものの、インドやインドネシアといったさらに新興の市場への進出が、同社の販売実績を支えているものと思われる。だが、同社は販売台数の内訳を明らかにしなかった。

 Xiaomiの最高経営責任者(CEO)を務める雷軍氏は2014年に、2015年は1億台のスマートフォンを販売する計画だと語っている。現時点における約3500万台という数字はその半分に満たないが、この遅れをすぐに取り戻すため、同社はブラジルなどの新しい市場に進出した。

 ブラジルは、牙城とするアジア以外でXiaomiが進出する初めての市場で、現地ユーザーからはかなり熱烈な歓迎を受けている。初めての発表イベントで会場に入れなかった人が数百人もいたため、その直後に2回目の発表イベントを開催しなければならなかったくらいだ。

 Xiaomiの国際事業担当責任者であるHugo Barra氏は、発表イベント後の米CNETとのインタビューで、「今日は、私の人生の中でもとびっきりの途方もない1日だった」と語っていた。


Xiaomiは同社の「Redmi 2」によって、新興市場でさらに多くのファンを獲得できると見込む。
提供:Aloysius Low/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集