楽天、旅行体験CtoC取引「Voyagin」を買収--インバウンド強化

井指啓吾 (編集部)2015年07月02日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は7月2日、旅行先の旅行体験(アクティビティ)を個人間で取り引きできるサービス「Voyagin(ボヤジン)」を運営するVoyaginの株式の過半数を取得したと発表した。楽天は旅行予約サービス「楽天トラベル」を運営。この出資を通じて、東南アジアを中心とした訪日外国人向け事業(インバウンド)を強化していくと説明している。

  • 「Voyagin」トップページ

 Voyaginは2011年設立。シンガポールに本社を構える。2012年12月にサービスを開始し、2015年4月1日時点で、日本、インドネシア、インド、ベトナムなどアジアを中心に50以上の国と地域において約1700件のアクティビティを提供しているという。サービスの対応言語は英語、日本語、中国語(簡体字・繁体字)。

 国内の同様のサービスには、トラベリエンスが2014年4月に開始した訪日外国人観光客とプロの観光ガイド(通訳案内士)とをつなぐ「TripleLights(トリプルライツ)」などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加