logo

Twitterに「ニュース」機能、日本限定提供の狙い--開発者に聞く

井指啓吾 (編集部)2015年07月01日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは7月1日、Twitterで話題になっているニュースをまとめて表示する機能をiOSアプリに実装した。同日朝から午後以降にかけてユーザーに提供する。Android版も近く提供予定。日本向けに開発した機能であり、今後、日本のユーザーの意見をもとに他国への展開も考えたいとしている。


TwitterのiOSアプリにニュースタブが追加された

 画面下部に新設された「ニュース」タブをタップし、ニュースの見出しをタップすると、そのニュースの概要、全文記事へのリンク、そのニュースに関する他のニュース媒体や他のTwitterユーザーからのツイートを閲覧できる。1つのニュースについて異なった視点からの考えや意見も見られるように工夫したという。

 表示されるニュースは、多くのユーザーがツイート、リツイート、お気に入りに入れるなどのアクションをとったものを独自のアルゴリズムでピックアップする。

 ニュース機能提供の狙いについて、開発者である同社シニアプロダクトマネージャーの鈴木宏輔氏に聞いた。

――開発に至った背景は。

  • Twitterシニアプロダクトマネージャーの鈴木宏輔氏

 Twitter上には毎日膨大な量の情報が集まり、その中には多くの方々が興味を持つたくさんのニュースに関するツイートも存在しています。一方で、これまではTwitter上でみんながその瞬間に注目しているニュースを探すことはなかなか困難でした。

 また、多くの方々がさまざまなニュースソースのアカウントをフォローされているものの、それぞれのソースから別々のタイミングでツイートが送られてくるため、どれが注目されているニュースなのかがわかりにくいという意見も耳にしました。そこで、今、みんなが注目しているニュースをよりわかりやすく、簡単に見ることができる方法を考えました。

――なぜ日本向けなのですか。

 Twitterにとって、日本は英語以外の言語で初めてサポートを開始し、世界初の海外オフィスを設立した大切な市場です。おかげさまでユーザー数も順調に右肩上がりで成長を続けていますが、さらにより多くの日本の皆さんにTwitterを利用していただきたいという思いがあります。

 調査をしたところ、現在Twitterをご利用されていない方々の多くから「何もツイートすることがない」「ツイートする時間がない」「Twitterを使う理由がない」というご意見をいただきました。Twitter上に集まる膨大な量の情報の中には、きっとそれぞれの方々がおもしろいと思われる情報や便利な情報が存在していると思います。一方で、この膨大な情報の中からどう探せばいいのかという課題もありました。

 そこで、調査結果から多くの方々がニュースに興味を持たれていることに鑑みて、まずはニュースに関する情報にアクセスしやすくしようと考えました。今回のニュース機能をきっかけに、Twitterがより身近な情報収集のツールとなって、他の方々のツイートを読まれたり、気になるアカウントと出会ってフォローしてくださったり、慣れてきたらほかの方のツイートをリツイートされたりしてくださるようになると嬉しいです。

――特定の国を対象に機能を開発することは、Twitterとしてどのような意味を持っているのですか。

 Twitterは、文化や経済、言語などのさまざまな壁を取り払い、世界中の方々が自由に、その瞬間に起きていることにアクセスしたり、情報を共有できるパワーを持てるお手伝いをしたいと考えています。よって、世界のそれぞれの地域の方々が便利で楽しく使えるサービスを開発することはとても重要だと考えています。

――日本で提供されている他のニュースアプリとは何が違うのですか。

 Twitterの“ニュース”の大きな特徴は、Twitterユーザーのアクション(ツイート、リツート、お気に入り)によってニュースの一覧が作成されることにあります。また、その記事に関する他のニュースソースや他のユーザーからのツイートなどもまとめて見られるところも特徴です。記事に対する自分の意見をツイートを通じてほかの方々と共有することもできます。

――この機能により、日本のユーザーに何を期待しているのですか。

 Twitterを情報収集のツールとしても使っていただければと考えています。この機能を通して、興味のある情報やアカウントに出会い、新しい情報を得ていただけたら幸いです。

 このニュースを第一歩として、Twitterでは日本のマーケットにあったプロダクトを、今後本格的に開発していく予定です。日本の先進的なユーザーの利用の仕方を参考に、世界にも展開できる日本発のものを開発します。そのための体制作りとして、日本のエンジニアリングオフィスを開設すべく、エンジニアの採用も開始しています。日本のTwitterユーザーの皆さんと、新しいTwitterのプロダクトを一緒に作っていけることを楽しみにしています。

-PR-企画特集