logo

ソニー、35mmフルサイズで裏面照射型CMOSを搭載した「α7R II」--4K動画撮影も

加納恵 (編集部)2015年06月26日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「α7R II」

 ソニーは6月26日、ミラーレス一眼カメラ「α7」シリーズに、35mmのフルサイズ「Exmor R CMOSセンサー」を搭載した「α7R II」を発表した。発売は8月7日。ボディのみの発売となり、想定税別価格は44万円前後になる。

  • 35mmのフルサイズ「Exmor R CMOSセンサー」

 α7は、フルサイズのCMOSセンサを搭載したミラーレス一眼カメラ。スタンダードの「α7」をはじめ、光学式5軸手ぶれ補正機能を備えた「α7II」、光学ローパスフィルタレス仕様で解像感を実現した「α7R」、最高ISO感度40万9600で撮影ができる「α7S」を、シリーズ展開している。

 今回発表されたα7R IIは、光学ローパスフィルタレスでα7Rの高解像度撮影を継承しつつ、5軸手ぶれ補正、4K動画撮影などを盛り込んだ。

 撮像素子には、35mmフルサイズセンサとして世界初となる裏面照射型構造を採用。有効約4240万画素での高解像度撮影を実現する。高感度・低ノイズ性能と広いダイナミックレンジにより、ノイズの少ない高精細な撮影をサポート。読み出し回路の強化により、従来機に比べ、約3.5倍の高速読み出しも可能だ。

 399点の像面位相差AFセンサを配置し、高速AF性能を確保。AFのカバー範囲も広げることで、動く被写体などにも追従し続けるとしている。

 高ビットレート記録フォーマットXAVC S形式に対応し、4K動画撮影も実現。画素加算のない全画素読み出しにより、モアレやジャギーの少ない高画質撮影ができ、4K動画記録時は最高100Mbps、フルHD動画記録時は最高50Mbpsのハイビットレート撮影に対応する。

 サイズは高さ95.6mm×幅126.9mm×奥行き60.3mmで、重量約625g。トップカバーやフロントカバー、内部フレーム、リアカバーにはマグネシウム合金を採用。有機ELパネルに4枚レンズによる新規光学系の設計を採用したXGA OLED Tru-Finderを搭載する。

  • 新モードダイヤルロック機構を装備

  • 3.0型液晶モニタを装備。上約107度、下約41度のチルト機構

  • 右サイドに接続端子などを装備

-PR-企画特集