logo

キヤノン、光学1.8倍ズームを搭載したWi-Fi対応のLCOS液晶プロジェクタ

加納恵 (編集部)2015年06月25日 14時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「パワープロジェクター WUX500」

 キヤノンは、LCOSパネルを搭載したビジネス向けプロジェクタ「パワープロジェクター WUX500」(WUX500)を発表した。フルHDの高解像度と5000ルーメンの高輝度を実現する。発売は7月中旬。想定価格は62万円になる。

 1.8倍の高倍率レンズを備え、3.0~5.0mの距離で100インチの投影を実現。投写距離全域で5000ルーメンの明るさを確保する。LCOSパネルは1920×1080ピクセルのWUXGA対応。格子感のないシームレスな投写映像により、鮮明な文字再現や、残像感の少ない動画描写が可能だ。

 Wi-Fiを装備したほか、非圧縮のHD映像、音声、制御信号を1本のLANケーブルで最大100mの長距離伝送できる「HDBaseT」に対応。シンプルな配線でシステムを構築できるほか、設置環境の制約が改善される。

 本体とPCを1対1で接続する「ダイレクトモード」、ディスカッションで使用する「ミーティングモード」、授業などで使う「クラスルームモード」、同じ映像を複数のプロジェクタに配信する「ブロードキャストモード」などの接続モードを備え、接続環境もアクセスポイント経由の「インフラ接続」とプロジェクタとPCを直接接続する「無線ダイレクト接続」の2つを用意。あらゆるシーンで使用できる。

 サイズは高さ13.6cm×幅33.7cm×奥行き37cmで、重量約5.9kg。F値2.8のレンズの採用や、独自の光学システム「AISYS(エイシス)5.0」により、コンパクトサイズながら広角端と望遠端において、輝度の差がない、明るい投写を実現する。

  • 1.8倍高倍率レンズを採用する

  • DVI-I、HDMI、HDBaseT、ミニD-sub15pin、USBなどの端子を装備

  • 背面

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集