logo

アップル環境担当責任者のL・ジャクソン氏、社会政策担当も兼務

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)2015年06月25日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、環境問題の責任者Lisa Jackson氏をより包括的な地位に昇格させた。Jackson氏は元米環境保護庁(EPA)長官で、Apple初の環境および政策、社会イニシアティブ担当バイスプレジデントに就任した。

Lisa Jackson氏
Lisa Jackson氏
提供:Apple

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は従業員にメモを送り、その中で、同社は環境問題で業界のリーダーとなるべく取り組んできたが、こうした取り組みを人権や教育などの社会問題に拡大したいとの意向を示した。

 今回の動きは、Appleが社会貢献を重んじるテクノロジ企業となることを目指す傾向を強めていることを示すものだ。Cook氏は2011年にAppleのトップに就任して以来、労働者の権利や同一賃金、環境といった問題に関しても、同社の見解をより広範に表明している。

 「Lisa Jackson氏がAppleに来てから2年が経つが、彼女のリーダーシップなしでは、全社にわたる環境分野の取り組みはこんなにも前進しなかっただろう」とCook氏は記している。もっとも「Lisaに言わせれば、われわれにはまだまだやるべきこと、学ぶべきことがたくさんあるのだろうが」とも、同氏は付け加えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集