logo

サムスンの「Windows」コンピュータ、ユーザーに無断でWindows Updateを無効化か

Asha Barbaschow (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月25日 08時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 少なくとも一部のサムスン製の「Windows」コンピュータは、Microsoftが提供するWindows本来のソフトウェアアップデートである「Windows Update」が無効化されるよう、自動アップデートされているという。

 Microsoft Most Valuable Professional(MVP)でもあるPatrick Barker氏が発見し、報告した。同氏は、サムスン製マシンを使用するあるユーザーのトラブルシューティングを手伝っているときに、偶然問題に気付いたという。「デバッグとリバースエンジニアリング」を専門とするというBarker氏は米国時間6月23日付けの個人ブログで、発見を公表した。

 Barker氏によると、サムスン独自のアップデートおよびソフトウェアインストールツールである「Samsung SW Update」が、Disable_Windows.exeというアプリケーションによって、Windows Updateを無効にしているという。

 このツールは、自動的にロードされるように設定されており、Microsoftからのその後のアップデートが遮断されていることにユーザーは気付かないようになっていると、同氏は述べる。

 Barker氏は、このexeファイルがC:\ProgramData\Samsungフォルダに隠されており、「Explorer」で隠しファイルを表示すると2つのフォルダが表示されることを発見したと述べた。

 Barker氏はサムスンのサポートに、サムスンのアップデートツールがWindows Updateを無効にする理由を問い合わせたという。Petersonと名乗る「チャットサポート担当者」は当初、Samsung SW Updateツールはパソコンのレジストリに影響を与えないと述べていたが、Barker氏がそれに反論すると、今度はまったく異なる説明をしたという。


提供:Screenshot by Asha Barbaschow/ZDNet

 Windows Updateを有効にすると、動作するか否かに関わらずパソコン上のすべてのハードウェア用のデフォルトドライバがインストールされる。

 例えば、USB 3.0ポートがあるパソコンの場合、更新プログラムをインストールするとポートが動作しなくなる可能性がある。したがってこれを防ぐために、SW UpdateツールはWindows Updateを無効にする。

 その措置の背景にある理由は不明だ。サムスンにコメントを求めたが、本記事執筆時点で回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集