logo

ツイキャス、複数人での配信に対応する「まわし撮り機能」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モイは6月24日、ライブ配信サービス「ツイキャス」において、ライブ中に自動で画面が回転する「まわし撮り機能」と通信速度の制限下でもなめらかに配信できる「なめらかモード」をリリースした。

  • 「まわし撮り機能」イメージ

 同社によると、カップルや友達など、複数人で配信したいというニーズが高まっており複数人を撮影する関係から横位置が多いという。しかし一方で、視聴者の環境は、画面は縦のまま映像のみが横向きとなり、視聴しづらい状態になっていた。

 この問題の解決策としてリリースされた「まわし撮り機能」により、配信中にカメラを傾けて横位置で配信しても、視聴者の映像は縦位置のまま固定できるようになる。動画配信中に自動で水平を保つ機能は世界初だという。また、ズームにも対応し、より幅広い配信が可能になった。

 なめらかモードでは新コーデックを採用。これまで通信速度制限下で配信する場合は、画質や音質が低下していたが、今までの半分の帯域の状況でも、スムーズに動画を配信できるという。

-PR-企画特集