logo

ソニー、一部「Xperia」でAndroid M開発者プレビューを利用可能に

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ) 編集部2015年06月23日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは開発者向けに、「Android M」でアプリを検証しやすくする取り組みを開始した。

 同社は米国時間6月22日、「Open Device」プログラムの一環として、「Xperia」シリーズのスマートフォンとタブレットの多くの機種でAndroid Mのプレビュー版を利用できるようにしたと発表した。

 技術に詳しい消費者の一部がAndroid Mプレビューを所有するXperiaデバイスにインストールすることを考えるかもしれないが、それは推奨されていない。

 提供されるAndroid Mは「Android Open Source Project」で開発されているバージョンであるため、Googleのサービスやアプリは一切含まれていない。

 また、ソニーが最初から指摘しているように、Xperiaのハードウェアを構成するコンポーネントの中には、まだサポートされていないものもある。

 初期的なAndroid MプレビュービルドでサポートされているXperiaデバイスは次のようになる。Z3、Z3 Compact、Z3 Tablet Compact、Z2、Z2 Tablet、Z1、Z1 Compact、Z Ultra、E3、M2、T2 Ultra、および、T3。ソニーはソフトウェアとともに、Xperiaデバイス向けにAndroid M開発者プレビューをビルドする手順を提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集