logo

Twitter、Whetlabを買収--機械学習への取り組みを強化へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2015年06月18日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Twitterは、機械学習への取り組みをさらに進めるためにWhetlabを買収した」

 Twitterは米国時間6月17日、このわずか1文のツイートでこの買収を認めている。

 ただし、買収の金銭的条件は明らかにされていない。

 Whetlabはインテリジェントな予測を行うための優れたソリューションの開発を目指し、ハーバード大学、トロント大学、およびシャーブルック大学の研究者が設立した企業だった。

 Whetlabの5名の社員が主に取り組んでいたのは、ハイパーパラメーター最適化法と呼ばれるテクノロジだ。同社の説明によると、これが完成すれば、数行のコードを書くだけで、人間の専門家よりも優れたパフォーマンス(提案や回答)をより短い時間で提供できるようになるという。

 とはいえ、機械学習という大きなキーワードのほかに、WhetlabのメンバーがTwitterにどのような形で参加することになるのか(また、そもそも参加するのか)、はっきりとしたことはわかっていない。

 Whetlabが公開しているサービスは、7月15日に閉鎖される予定だ。既存のユーザーはこの日までに、これまでの実験データをダウンロードしなければ、データが失われることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集