logo

アップル、マップ改良のためカメラ搭載車で各地を走行--グーグルのStreet Viewに対抗か

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年06月11日 08時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは各地に車両を走らせて、Googleの「Street View」を彷彿とさせるサービス用の画像を集めている。同社が「Apple Maps vehicles」というウェブページでこれを認めた。ページによると、同社は「『Apple Maps』の改良に使用するデータを収集するために」各地を走行しているという。Appleは、「Street View」に競合するサービスを構築中であるとは明言しなかったが、サービスの説明からは、同社の意図は明白であるように思われる。

 Appleはこの新しいウェブページに、「データの収集にあたり、ユーザーのプライバシー保護に全力を注ぐ」と記している。「例えば、収集した画像中の顔やナンバープレートには、公開前にぼかしをいれるつもりだ」(Apple)

 これまでの数カ月間、何台ものカメラを搭載したAppleと関連のあるミニバンが米国のあちらこちらで目撃されている。Appleが自律走行車を開発するつもりだとの憶測も流れていたが、Appleの新しいウェブページによると、これらの車両はApple Maps用に走行して回っているだけだったのかもしれない。

 Apple Mapsはこれまでも改善を重ねてきたが、かつてはiOS標準のマップだった「Google Maps」にはまだ及ばない。Google Mapsの方が、Street Viewなど搭載機能が多く、また信頼性が高いと今でも一般的に考えられている。しかし、Appleは、Google Mapsとの競争をまだあきらめてはいない。

 Appleは、今後2週間の間に車両を走らせる場所を公表している。同社車両は6月15~30日の間に、アイルランド、英国、そして米国の複数の州を走行する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集