logo

ソニー、4K伝送とハイレゾ再生に対応したAVアンプ

加納恵 (編集部)2015年06月10日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「STR-DN1060」

 ソニーは6月10日、4K放送とハイレゾ再生に対応したAVアンプ「STR-DN1060」を発表した。発売は7月21日。税別価格は7万2000円になる。

  • リアパネル

 STR-DN1060は、HDMI入力×6、コンポジット入力×2、コンポーネント映像入力×1、光デジタル音声入力×2、同軸デジタル音声入力×1、USB×1などを備えたAVアンプ。HDMIは1系統をコンテンツ保護規格HDCP 2.2対応とし、4K放送のパススルーが可能だ。加えてMHL 3.0にも対応しているため、4Kスマホのコンテンツを視聴することもできる。

 リニアPCM(192kHz/24bit)の最大7.1chマルチ音源を再生できるほか、DSD(5.6MHz)2ch、FLAC(192kHz/24bit)最大5.1chなどのハイレゾ音源のマルチ再生もサポート。ソニー独自の高音質化技術「DSEE HX」も備え、MP3などの圧縮音源もハイレゾ相当へとアップスケーリングして聴くことができる。

 Wi-Fiを内蔵し、1台のスマホから複数の対応機器に操作ができる「SongPal Link」に対応するほか、Bluetoothは、高音質オーディオコーデック「LDAC(エルダック)」に対応。AVアンプは送受信に対応するため、デジタルオーディオプレーヤーからLDACで受信できるほか、AVアンプからBluetoothヘッドホンでLDACで送信することも可能だ。

 本体には「Google Cast」を備え、「TuneIn」や「KKBOX」など対応するサービスを使用できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集