logo

「Apple Pay」、ポイントカードが登録可能に--「Passbook」は「Wallet」に名称変更

Marguerite Reardon Ben Fox Rubin Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高橋朋子 (ガリレオ)2015年06月09日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、モバイル決済システム「Apple Pay」に大手小売業者のポイントカード機能を追加し、「Passbook」を「Wallet」に名称変更する。

 Apple Payのアカウントには、デビットカードとクレジットカードに加え、Kohl's、JCPenney、BJ’s Wholesale Clubなどの小売店が発行するクレジットカードや、Walgreens、Dunkin' Donutsなどのポイントカードを登録できるようになる。

 「Apple Payが適切なカードを自動的に提示するので、ポイントなどの特典を受け損ねることがない」と、Apple Pay担当バイスプレジデントのJennifer Bailey氏は米国時間6月8日、サンフランシスコで開幕したAppleの年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」の基調講演で語った。

 Appleはまた、Passbook機能の名称をWalletに変更することを明らかにした。コンサートのチケットから飛行機の搭乗券まで、あらゆるものをデジタル保存できるPassbookの実情に即した名称変更だ。「クレジットカード、デビットカード、ポイントカードその他すべてを1カ所にまとめられる」のがWalletだと、Bailey氏は説明している。

Apple Payは小売店発行のクレジットカードに対応するようになった。
Apple Payは小売店発行のクレジットカードに対応するようになった。
提供:CNET/James Martin

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集