logo

アップルCEOのクック氏、競合企業のプライバシー慣行を批判

Matthew Miller (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月04日 08時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間6月2日夜に電子プライバシー情報センター(Electronic Privacy Information Center:EPIC)が開催したイベント「Champions of Freedom」に、Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏がビデオで参加し、講演した。同氏は、米国憲法に触れ、Abraham Lincoln元大統領の言葉を引用しながら、プライバシー、セキュリティ、暗号化に関する人々の権利について語った。

 またCook氏は、ユーザーのプライバシーを軽視する広告収入型のビジネスモデルを批判し、シリコンバレーの競合他社をかつてないほど強い口調で攻撃した。

 TechCrunchが、同イベントの参加者らに向けたCook氏のスピーチの一部を掲載している。同氏は、GoogleやFacebookを具体的に名指しにすることは決してなかったが、ユーザーの個人データを収集して収益を上げていると非難した。

 「シリコンバレーに拠点を置く者の1人として皆さんにお話する。ここには、顧客が個人情報に無頓着になるよう仕向けることで事業を確立し、高い名声と成功をつかんだ企業が何社も存在する」とCook氏は述べた。「これらの企業は、ユーザーに関するありとあらゆる情報を収集して、それをマネタイズしようとしている。これは間違っているとわれわれは思う。Appleはそのような企業にはなりたくない」(Cook氏)

 Tim Cook氏のスピーチの前には、Googleが「Google Photos」を提供開始している。ユーザーの写真を無料で無制限に保存し、さまざまな方法でそのコレクションの中を簡単に検索できるようにインデックス化するサービスである。

 さまざまなサービスによって得られる利便性と引き換えに、多くの人々がプライバシーを放棄してしまっている。Cook氏は、そんな妥協をすべきではないと考える。

 顧客は自分の情報を自分で管理できるようにするべきだとわれわれは信じている。ユーザーはいわゆる無料サービスを好むかもしれないが、自分のメールアドレスや検索履歴、家族写真データがわけの分からない広告目的のために利用、販売され、それに見合うだけの価値を享受できているとは思えない。いつの日か、顧客はその実態に気付くと思っている。

 Tim Cook氏は暗号化サービスについても語った。Appleは「iMessage」 や「FaceTime」のサービスにおいてユーザーのデータをまったく収集しておらず、消費者は安心して利用できると、Cook氏は強調した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集