logo

インテル、新しい第5世代「Core」チップを発表--「Iris Pro」グラフィックスを搭載

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年06月03日 08時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、デスクトップおよびモバイル向け第5世代「Core」チップのラインアップを刷新した。各CPUには「Iris Pro 6200」グラフィックスチップが追加されている。

 10種類の新製品(5つはデスクトップ用、残り5つはモバイル用)の価格は244〜623ドル。623ドルの製品は、ゲームなどグラフィックスを駆使する高性能システム向けの2.9GHzクアッドコアチップ「Core i7-5950HQ」だ。現行世代のモバイルプロセッサ「Core i7-5600U」と比較してメディア性能は最大95%向上し、3Dグラフィックス性能は最大2倍となっている。ただし、性能向上と引き換えに熱オーバーヘッドが高まっており、TDPは15Wから47Wにまで増加している。

 デスクトップ向けとしては、「Core i7-4790S」に代わって366ドルの3.3GHzクアッドコアプロセッサ「Core i7-5770C」が登場し、メディア性能は最大35%向上し、グラフィックス性能は2倍以上になっている。


提供:Intel

 Iris Pro 6200は、高速なeDRAMメモリ(最大128Mバイト)と48個の実行ユニット(EU)を搭載し、300〜1150MHzで動作する。性能は「NVIDIA GeForce 940M」に匹敵する。

 「Xeon」チップも新たに5種類発表された。Iris Proグラフィックスをやはり搭載するが、ここで搭載されているのは「Iris Pro 6300」である。これらの新製品は1.8GHz〜3.5GHzで動作し、価格は418〜557ドル、TDPは35W〜95Wである。


提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集