logo

インテル、アルテラ買収で近く合意か

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一 (ガリレオ)2015年06月01日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelでは同業のチップメーカーAlteraを買収する計画が再燃しているようだ。この買収は実現するとみられていたが、1カ月余り前に白紙に戻ったと報じられた。ところが今回New York Postは情報筋の話として、150億ドルでの買収合意が近いと報じている。

 「6月第1週のうちに合意しそうだ」と情報筋はNew York Postに語っている。

 Intelはコメントを避けた。Alteraにもコメントを求めたが、今のところ回答はない。

 今回の買収がまとまれば、チップ業界で合併の動きが加速していることがはっきりする。チップメーカーが合併してコスト増と競争激化をしのごうとする傾向が強まる中、数十億~数百億ドル規模の買収がいくつか進んでいる。Intelに関する報道があったのと同日、Avagoは同業のチップメーカーBroadcomを370億ドルで買収すると発表した。

 それ以前には、3月にNXPが同業のチップメーカーFreescaleを118億ドルで買収することで合意し、2014年10月にもQualcommが、Bluetoothチップを主力とするCSRを25億ドルで買収する契約を結んでいる。

 世界最大のチップメーカーであるIntelは、世界のPCやデータセンター用サーバの大半に使用されるプロセッサを製造している。一方、Alteraは、顧客が特定の作業向けにプログラムを作り直すことができるFPGA(field-programmable gate array)に焦点を合わせており、同社のFPGAは自動車産業、航空宇宙産業、医療産業で使用されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集