logo

「Android M」、USB Type-Cサポートで充電が高速化

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2015年05月29日 11時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」搭載スマートフォンおよびタブレットのユーザーは、次期バージョン「Android M」と、Android Mが新たにサポートする「USB Type-C」ポートによって、デバイスを最大3〜5倍高速に充電できるようになる。

 Googleは米国時間5月28日、「Google I/O 2015」でUSB Type-C規格のサポートを発表した。これはつまり、新しいスマートフォンまたはタブレットに新しいタイプのUSBケーブルを差し込む時、上下の向きを気にする必要がなくなるということだ。USB Type-Cポートは、携帯電話やPCなどさまざまなデバイスの充電や接続を行える標準USBポートの最新バージョンだ。

 さらに重要なのは、この新しいUSB接続ではデバイスの充電がより高速になる点だ。Android Mを搭載していれば、スマートフォンを使って他のデバイスを充電することも可能になる。

 ただしGoogleは、どの新型デバイスがUSB Type-Cコネクタを備えるか明らかにしていない。

Androidの新バージョン「Android M」ではUSB Type-Cをサポートして、充電が高速になる。
Androidの新バージョン「Android M」ではUSB Type-Cをサポートして、充電が高速になる。
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集