logo

「Google Now」、新機能「Now on Tap」を搭載へ--ホームボタンの長押しで関連情報を表示

Jason Parker (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年05月29日 10時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleで「Google Now」担当ディレクターを務めるAparna Chennapragada氏は米国時間5月28日、Google Nowに大きな変更を施す予定だとGoogle I/O 2015の基調講演で発表した。Google Nowは、複数のソースからデータを取り込んで、ユーザーが現在いる場所で役に立つ、状況に応じたメッセージを表示する通知システムだ。


提供:Photo by James Martin CNET

 状況に応じたメッセージを表示するには、アプリ側でユーザーの状況を理解する必要がある、とChennapragada氏は述べた。次に、ユーザーが要求しなくても先回りして回答を提示しなければならない。最後に、ユーザーが状況を改善する行動を取れるよう手助けする必要がある。

 Google Nowチームは、これらすべての機能を使いやすくして、サードパーティーアプリなどのデータソースへと拡大させようと取り組んでいる。「Now on Tap」と呼ばれる新機能では、これまでよりも多くの情報を提供する。

メッセージの内容をもとに情報を表示するGoogle NowをデモするChennapragada氏
メッセージの内容をもとに情報を表示するGoogle NowをデモするChennapragada氏
提供:Photo by James Martin/CNET

 Now on Tapは、「Google、助けて」ボタンのようなものだと考えればいい。たとえば、妻からテキストメッセージが届いて、その日の夜に行きたいレストランを提案されるとともに、クリーニングを取りに行くよう頼まれたとする。そこでホームボタンを長押しすると、そのレストランに関する情報と、クリーニングに関するリマインダを作成するプロンプトが瞬時に表示される。

 つまり、ユーザーは何も言う必要がないということだ。Now on Tapは、ユーザーが現在見ているものから自動でデータを収集して、関連情報を表示してくれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集