logo

マイクロソフト、「Outlook.com」に新機能--「Outlook」とのさらなる使用感統一を目指す

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年05月22日 08時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは今後数週間のうちに、ウェブメール「Outlook.com」を利用するユーザーに向けて、「Office 365」や「Outlook」のユーザーにはなじみのある機能を新たに提供開始する予定だ。

 Microsoftは米国時間5月21日から、新しいOutlook.comの機能をプレビュー版という形でまずは少数の顧客を対象に提供開始する。これらの機能には、受信箱の改良、コラボレーション機能や検索の改善、カレンダーの機能性向上などが含まれる。Microsoft関係者らによると、これらの新機能は「今後数週間のうち」に、より広い範囲のユーザーを対象にオプトイン方式で段階的に提供されるという。

 Microsoftの目標は、OutlookとOutlook.comの使用感をさらに統一し、ともに「Outlook」と呼ばれるこれらの2つの電子メール製品をユーザーが違いを感じることなく利用できるようにすることだ。同社は、「Skype」と「Skype for Business」(「Lync」)や、「OneDrive」と「OneDrive for Business」についても同様の取り組みを進めている。

 Outlook.comのユーザーインターフェースや機能に微調整を加えてOutlookに近づける以外に、Microsoftは、Outlook.comを「新しいOffice 365ベースのインフラストラクチャ」へとアップグレードしていると、Outlook.comの新機能の概要を説明する5月21日付けのブログ投稿には記されている。

 それは何を意味するのだろうか。

 ある程度においては単純に、OutlookとOutlook.comで、より多くの「プラットフォームコンポーネント」を基盤として共有することを意味すると考えられるだろう。Outlook.comが、Outlookと同様に「Exchange」をバックエンドに利用することを意味するわけではない(現在、両者は統合または共有されておらず、それが実施されるかどうか、いつ実施されるかは明らかではない)。

 Microsoftの包括的な目標は、Outlook.com/Outlook/Exchangeを担当するチームが今後、Outlookのすべてのバージョンに対してより迅速かつ簡単に新機能をリリースできるようにすることである。

 今後数週間のうちにOutlook.comに追加される新機能は、以下のとおりだ。

  • 受信箱を整理するための「Clutter」機能
  • 検索の候補表示/絞り込み機能
  • 13の新しいテーマ
  • 自動生成されたリンクのプレビュー
  • メッセージ本文に画像を直接コピー/貼り付けする機能
  • メッセージの表示および作成ウィンドウのポップアウト
  • メール受信箱を整理するためのピンやフラグ
  • 「Suggested Meetings」「Bing Maps」「Uber」「Boomerang」「PayPal」などのアドインのサポート(4月の「Build」で発表済み)
  • メールとSkype間のよりシームレスな会話の移行
  • 「OneDrive」からのファイルをメッセージに添付する機能
  • 添付物とメールを横に並べて表示する機能

 Microsoftは21日、ユーザーからのフィードバックや機能に関する要望、新しいアイデアへの投票を受け付ける「Outlook UserVoice」もローンチした。このフォーラムは、「Gear」アイコンの下にある「Feedback」をクリックするか、Outlook.UserVoice.comを訪れることでアクセスできる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集