logo

広告をブロックする「Adblock Browser」、「Android」向けベータ版がリリース

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年05月21日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン広告をブロックするためのブラウザ拡張として人気の高い「Adblock Plus」の機能を統合したモバイルブラウザが、ベータ版として提供開始された。

 米国時間5月20日に発表された「Adblock Browser for Android」は、「モバイル広告をブロックするためのより包括的なソリューション」とうたわれている。

 新しいブラウザは、拡張機能やアドオンをダウンロードする代わりに、ユーザーがウェブを閲覧する際にポップアップする広告を自動的にブロックする。

 開発元によると、新しいブラウザはバッテリの消費を節約し、端末を安全に保つとともに、ユーザーがブラウジング体験をより広範囲にわたって制御できるようになるという。

 Adblock Browser for Androidは閲覧時に不要な広告表示を排除しているが、同時に、「Acceptable Ads」タブを通じて控えめな広告を表示できるようにカスタマイズすることも可能だ。開発元は、広告をブロックすることで、最大23%の消費電力を節約(データコストも節減)でき、端末を安全に保つこともできると述べている。

 現在のところ、同ブラウザはベータテストの段階だ。

 Adblock Plusの共同創設者であるTill Faida氏は次のようにコメントしている。

 モバイルウェブが人々に受け入れられるようになり、そうした動きを追うように広告主が一気に押し寄せている。そして、往々にして配慮に欠けた設計の広告に加え、セキュリティホールだらけのモバイル広告ネットワークを使用することで、ユーザー体験を台無しにしている。Adblock Browser for Androidは、ユーザーの手に制御を取り戻すものだ。

 ブラウザ機能を完備したAndroidアプリをリリースすることは、われわれにとって自然の成り行きだった。われわれは、アドウェアや不快な広告を遮断する一方で、ブラウジングの高速化、データ利用の効率化、さらにはバッテリ持続時間の改善にも対応できる。

 2015年に入り、ドイツのハンブルグで、広告ブロックが違法な慣行だと主張するパブリッシャーらが起こした裁判で、広告ブロックは合法と判断された。このとき、Adblock Plusは、パブリッシャー側には別の選択肢が使用可能だとして、次のように述べた。

 われわれは、ほかのパブリッシャーや広告主、コンテンツ作成者に手を差し伸べ、対立するのではなく、Adblock Plusと協力するよう呼びかけたいと考えている。実際にユーザーに役立ち、歓迎されるような新たな形態の広告を開発し、よりよい広告を作る方法を見い出し、あらゆる人のために、より持続可能なインターネットエコシステムを生み出すことを目指して前進しようではないか。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集