logo

グーグルの自動運転車、夏に公道走行へ

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年05月18日 07時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは自動運転車プロジェクトの一環として、自動運転プロトタイプ車両を同社のテストセンターから公道に移す計画を発表した。

 Googleは米国時間5月15日、自動運転車の公道走行に向けた次の段階の準備が整ったことを明らかにした。同社は2015年夏に、テストトラックで走行中の数台のプロトタイプ車両を、安全のために運転者を乗車させて近隣の道路網で走行させる計画だ。

 Googleは数年前から自動運転車の開発に取り組んでいる。Google特別仕様の自律走行SUV「Lexus RX450h」をベースとする新しいプロトタイプ車両は、累計テスト走行距離が100万マイル(約161万km)近くに達し、最近では毎週約1万マイル(約1.6km)走行しているという。


提供:Google

 Googleの自動運転車プロジェクト担当ディレクターを務めるChris Urmson氏によると、各プロトタイプ車両は時速25マイル(約40km)以下で走行するという。テストの次の段階では、各車両には安全のために運転者が乗車し、「取り外し可能なハンドル、アクセルペダル、ブレーキペダルが装備されて、必要に応じてマニュアル運転に切り替えられるようにする」という。

 Googleによると、同プロジェクトの目標は「運転の負担を完全に肩代わり」できる車両を開発することだという。そのような車両が開発されれば、誰もがボタンを押すだけでA地点からB地点に移動可能となり、人間(特に障害を持つ人)の移動が改善される可能性がある。ただし同社は、安全面が最大優先事項であるとも述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集