logo

出品料なし--キヤノン、自作のフォトブックを気軽に販売できる「オンザマーケット」

坂本純子 (編集部)2015年05月15日 16時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパンは5月14日、自分のフォトブック作品を無料で出品し自由な価格で販売できる「オンザマーケット」を開始した。同社が運営するオンラインフォトブックサービス“PHOTOPRESSO(フォトプレッソ)”の新サービスだ。

オンザマーケット
オンザマーケット
「お気に入り」や「スタンプ」で出品者とユーザーを近づける機能も
「お気に入り」や「スタンプ」で出品者とユーザーを近づける機能も

 登録料や手数料など出品に関わる費用はなく、出品者自身が製本料金に「プレミアム価格」をプラスし、販売価格を自由に設定できるのが特長だ。

 ジャケットや帯が付いた「本」のような装丁のフォトブックで、製本料金は1冊あたり1750円/40ページからとなっており、40ページを超えた場合はページが増えるごとに2ページ単位で52円ずつかかる。プレミアム価格は、受け取りに必要な最低限の手数料があることから最低350円~最高30万円まで設定できる。

 販売実績はサイト上でいつでも確認でき、3か月に1度、所定の期間に、販売数に応じたロイヤリティを受け取れる。なお、受取りの際には冊数に応じて出品者がプレミアム価格を設定して得たロイヤリティから事務手数料が差し引かれる。手数料は、1冊の場合350円、2~9冊までは400円、10~49冊は500円、50冊以降は650円。

 出品する際には、PHOTOPRESSOのギャラリーに一般公開して誰でも購入できるようにできるほか、特定のメンバーだけに公開できる「ゲストルーム」を利用し、クローズドで販売する方法がある。

製本料金は1冊あたり1750円/40ページから
製本料金は1冊あたり1750円/40ページから

 フォトブックは、一般の電子書籍のように全ページ閲覧できる設定と、10ページ目以降を閲覧制限する設定の2種類を用意。この設定は後で切り替えられる。

 なお、出品する際には審査を受ける必要がある。公序良俗に反するものや著作権侵害を避けるためのもので、およそ1日~数日を見込む。

 PHOTOPRESSOでは、出品されている作品や出品者に対して、「お気に入り」や「スタンプ」がつけられる機能がある。気軽に感想が伝えられるほか、気になる著者をフォローしておけば、著者の新刊ブックが出るたびにログイン後の画面「フィード」で知らせてくれる。

 フォトブックサービスの国内市場規模は2014年で約108億円、2015年は対前年比111%の約119億円と予測されている。自費出版マーケット600億円と言われており、キヤノンは「そんなにお金をかけずに手軽に、自費出版したいというニーズにも十分満足いただけるのではないか」と説明する。

 市場規模は今後さらに拡大することが見込まれており、さらなる新機能の追加や、CANON iMAGE GATEWAY会員限定の高級フォトブックサービス“PhotoJewel”と併せたラインアップの強化など、フォトブックサービスを充実させていく方針だ。

-PR-企画特集