logo

NHK、8Kスーパーハイビジョン衛星放送実験を世界初公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKは、5月28~31日に開催する「第69回技研公開」で8Kスーパーハイビジョンによる衛星放送実験を世界で初めて公開する。

 8K映像は、水平7680画素×垂直4320画素の約3300万画素と、現在放送されている、フルハイビジョン映像(約200万画素)の13倍以上の解像度だ。


第69回技研公開

 公開される実験は、2016年の8K試験放送を想定し、渋谷のNHK放送センターから送信した8Kのデータを現行のBS放送で使用している放送衛星を経由して、技研公開の会場で受信するというもの。

 伝送時には、72Gbpsの8K映像を、次世代の映像圧縮技術「HEVC」により、85Mbpsまで圧縮し、新開発のリアルタイム復号装置で復号する。さらに、映像と音声を1つの信号として伝送するための多重化方式「MMT」を採用している。

 また、衛星伝送時に「16APSK」と呼ばれる高効率の伝送方式を用いることで、約100Mbpsの伝送速度を実現している。

-PR-企画特集