logo

パナソニック、トリプル衛星受信の新「ゴリラ」--ドライブカメラ搭載機も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは5月12日、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ・アイ CN-GP757VD」(想定税込価格:7万5000円前後)と、「ゴリラ CN-GP755VD/GP750D/GP550D」(同:6万5000円前後/5万50000円前後/4万円前後)の新製品4機種を発表した。6月5日に発売する。

 4機種とも、米国の「GPS」、日本の準天頂衛星「みちびき」、ロシアの「グロナス」に対応したトリプル衛星受信で、自車位置をより正確に測位。ジャイロやオプションのOBD2アダプタで、衛星の届かない市街地、地下駐車場、トンネルでも自車位置測位精度が向上した。

 16GバイトのSSDメモリを内蔵し、HDDタイプのカーナビゲーションと同等の地図、検索用データベースを収録。CN-GP757VDとCN-GP755VDの2機種は、年6回発行予定の更新用データをSDメモリカード経由でダウンロードできる「道路マップ無料更新」と、FM-VICSに対応している。

 タッチパネル液晶の画面は、CN-GP550Dが5V型で、それ以外の3機種は7V型を採用。7V型モデルにはBluetoothを搭載する。

 CN-GP757VDのみドライブカメラを搭載。エンジン始動に連動し、車両前方の交通状況やドライブ中の風景を、付属のmicroSDHCメモリカード(8Gバイト)に常時録画する。高画質モードなら約2時間、標準モードなら約14時間の録画が可能だ。録画した動画は、撮影した場所の地図とともに、本体画面で再生できる。


デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集