logo

VRヘッドセット「Oculus Rift」、消費者向けの出荷は2016年第1四半期

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年05月07日 08時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oculus VRは米国時間5月6日、2016年第1四半期に仮想現実ヘッドセット「Oculus Rift」の消費者向け製品を出荷すると発表した。Oculus VRは、Facebookが2014年に20億ドルで買収している。

 Oculusは仮想現実技術に寄せる期待について、「ゲーム、映画、エンターテインメント、コミュニケーションなどさまざまなものを作り変える」と、このたびの発表の中で述べている。

 Palmer Luckey氏が創設した同社はKickstarterプロジェクトとして2012年に始動し、開発者らにプロトタイプを出荷してきた。またサムスンとは同社のスマートフォンを装着するVRヘッドセット「Gear VR」を開発している。

 仮想現実の分野は2014年3月にソニーが「PlayStation 4」(PS4)用のVRヘッドセット「Project Morpheus」を発表したことを受け、注目を浴びるようになった。同じ月にFacebookが、Oculusを20億ドルで買収することで合意したことを発表した。

 それ以来、サムスン、Microsoft、GoogleなどのIT業界の大手企業が、ヘッドセット製品を発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集